分譲マンションを売るために知っておきたい賢い活用法


せっかく分譲マンションを持っていても空室のままではもったいないのでは。ならば賢く売却することをおすすめします。現在、お悩み中の方は、この機会に一歩踏み出してみませんか。

 

 

 

 

・空室になった分譲マンションをどう活用するのか?

 

空室になった分譲マンションの活用方法は以下の2通りです。

 

『分譲マンションを賃貸に出す』

空室状態の分譲マンションの部屋を賃貸に出して活用することで、毎月の家賃収入が入ってきます。住む機会がなくなった方、例えば転勤で部屋を出るとか、部屋を相続により譲り受けたが未使用の状態というケースであれば、賃貸に出してみては。

 

ただ、住宅ローンを利用中の方は気をつけなくてはいけません。というのも住宅ローンは、購入した住宅に住むことがローンが認められる条件だからなのです。その住宅を賃貸に出すとなると、残りを一括返済または投資用ローンへの借り換えを要求されることも。転勤が理由で貸し出す場合には、金融機関に理由を説明すれば住宅ローンの継続はできるといいます。

 

『分譲マンションを売り出す』

分譲マンションを有効に活用できそうでないとお考えでしたら、売り出してみてはいかがでしょうか。

マンションの老朽化が進んでいるのであれば、なおさら賃貸ではなく売却を。

 

老朽化が進んだ部屋を貸して、故障や事故が起こったら一大事。多額の損害賠償を請求される危険性が少なくないからです。

 

 

 

・分譲マンションを売るメリットとは?

 

分譲マンション売却の大きなメリットは、現金化できること。ローンの残りを繰り上げて完済して、売却代金を新たな不動産の購入資金にすることも可能です。

 

部屋の劣化対策として、定期的なメンテナンスはどうしても必要。したがって維持費はかかってしまいます。売却すると維持費を払わなくてもよくなるので、負担はかなり軽減されるでしょう。もちろん、部屋を手放すことで、税金の負担も少なくなります。

 

 

 

 

もしも住宅ローンを組んで部屋を購入したのなら、ローンの残高を売却代金で完済することで、借入時に支払った保証料が銀行から返却されることもあるので、ご確認ください。

 

・分譲マンションを売るデメリットとは?

 

分譲マンションを賃貸に出していたときに定期収入として毎月得ていた家賃を得ることができなくなるのが最大のデメリット。また、一旦売却した物件を再び手に入れることはとても困難です。ですから、後悔しないような売却のプランをしっかり立てましょう。

 

売却には譲渡所得税や仲介手数料などの諸費用がかかります。諸費用が想像以上に多額になることもあるので、不動産会社への相談をお忘れなく。

 

不動産会社に売却の相談をしてから、引き渡すまでの手続きにかなりの時間を費やすものです。

物件の販売活動、そして購入希望者を見つけるまでに時間がかかってしまいます。そのことを念頭に入れておいてください。

 

いかがでしたでしょうか。

空室になった分譲マンションを売却する選択肢のメリットもデメリットも両方理解していただけたと思います。

一刻も早い決断と行動を!!