分譲マンションを賃貸に出すときに生じるメリットとデメリット


分譲マンションを賃貸に出そうと考えていても、不安は尽きないもの。どのようなメリットやデメリットがあるのか、悩んでしまいますよね。実はメリットの方がたくさんあるのです。 

 

・分譲マンションの管理会社の仕事内容

 

分譲マンションを賃貸に出すオーナーと入居者との間に立って物件管理をすることが、管理会社の仕事内容なのです。例えば入居者の不満解消、物件の安定維持、オーナーと入居者が納得できる住居環境の保持・改善など。そのなかには家賃滞納の対応や家賃の集金代行も含まれています。入居者が入居してから退去するまでをバックアップする業務とも言い換えることができます。

 

 

・賃貸に出すのであれば不動産会社に管理を

 

管理業務の重要性を理解することが、分譲マンションを賃貸に出す際には大切です。

どうしても管理は必要不可欠なのですから。管理を自ら行うオーナーもいます。しかし、しっかりとした管理会社に任せると安心かつ安全です。

 

管理会社との契約形態には『媒介契約』『代理契約』の2つの方法があります。

 

『媒介契約』を選択すると、オーナーは複数の宅建業者に依頼することができます。ただし賃貸借契約締結や入居者選定は補助のみとなります。

 

『代理契約』を選んだ場合には、オーナーが依頼を任せることができる宅建業者は一社だけになります。

賃貸借契約締結や入居者選定は補助ではなく、賃貸借契約や入居者の審査の締結を一貫してくれます。

 

・賃貸に出すデメリットはあまりない

 

賃貸に出すときに生じるデメリットは少なからずあります。災害や事故が生じることで、大きな損失をオーナーが受けてしまう可能性があるのです。さらに事故物件となる可能性、家賃滞納に代表されるお金のトラブルにも注意が必要。万が一のリスクを十分に頭に入れておきましょう。

 

デメリット面は以上に挙げた、ほんの僅かな程度。分譲マンションを賃貸に出すと、メリットを受けることの方が多いのです。

 

分譲マンションは一般的に、一生住めるゴージャスな部屋をコンセプトに建てられています。豪華な物件を賃貸に出すので、高額な家賃を設定をすることができるのです。部屋をより美しく快適にリフォームを行えば、家賃の値段をさらに上げることも可能。賃貸に出すデメリットはあまりなく、メリットの方がたくさんあるのです。

 

 

分譲マンションを賃貸に出すときに得られるメリットについて、理解していただけたでしょうか。

管理会社に任せると、大きな安心を得ることができます。

いろいろ考慮したうえで、行動に移してみましょう。