分譲マンションを賃貸に出すときに知っておきたい不動産会社の選び方


 

不動産会社の選び方はどのようなときでも重要。特に分譲マンションを賃貸に出すのであれば、より慎重にならなくてはいけません。信頼できる管理をしてくれる会社をどう探せばいいのか? 役立つ情報をこれから解説していきます。

 

・分譲マンションを賃貸に出すときにやるべきこと

 

所有している分譲マンションを賃貸に出すのであれば、以下の3つを頭の中で整理して考えておく必要があります。『住まいを貸し出す理由』『貸し出す期間』『将来、その分譲マンションに住む予定があるのか』。

 

もしも将来、住む予定がなくて賃貸を続けるのであれば、賃貸借契約(普通借家契約)を結ぶことになります。

 

いつか分譲マンションに戻って住む予定があるのなら、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)を選択のひとつに入れておくべきでしょう。

 

また、住む予定がないのであれば、賃貸でなく売却を選ぶことが適切なケースもあるかもしれません。よく未来のことを考えて、賃貸に出す理由をまずはきちんと整理してみるべきです。

 

 

・不動産会社の違いを理解することが大切

 

建物と土地のことを不動産といいます。

不動産の取り扱いを仕事にしている会社を、一般的に不動産会社と呼びます。

 

不動産会社にも、いろいろなタイプが存在しています。

 

例えば、不動産を開発する会社分譲する会社所有する不動産を賃貸または売買する会社、不動産の売買や賃貸の仲介・代理をする会社、不動産を管理する会社など。

 

不動産会社の違いを理解して、目的にマッチしたタイプの会社を選ぶことが大切なのです。

 

・選ぶなら分譲マンション管理に適した不動産会社を

 

分譲マンションの賃貸に関する管理業務を貸主が行うことはできますが、やはり管理に特化したプロの不動産会社に委託するべきです。安心安全かつ手間もかからないので、おすすめします。

 

 

管理委託を受けた不動産会社のおもな仕事は、借主が入居してから退去するまでの業務。

管理業務はおよそ2つに分けられます。

 

賃料管理と苦情や契約違反への対応などを行う『入居者管理』と、建物の清掃やメンテナンス設備の修理などを行う『建物管理』

 

この2つの業務の関係は密接で、業務内容に関しても不動産会社や契約内容によってもさまざま。ですから、よく考えて判断したうえで、不動産会社に管理委託をするようにしてください。

 

・覚えておきたい!!不動産会社の正しい選び方

 

分譲マンションを管理する不動産会社を選ぶおもなポイントは、『空室を埋める能力』『入居トラブルへの早急な対応』『家賃滞納への素早い対応』『妥当な費用対効果』の4つ。

 

特に注意が必要なのが、『妥当な費用対効果』です。管理会社に支払う管理費は、家賃収入の5~7%というのが平均的。滞納や空室の保証をつけるのであれば、加えて別途料金もかかります。

 

 

また管理会社の中には、退去するときのリフォーム費用を高めにしているところも。お金に関する注意をよく払い、複数ある管理会社を比較検討して、納得できる会社を選びましょう。

 

分譲マンションの管理業務に関して、不動産会社に対する法の規制はありませんので、不動産会社との契約は慎重にするべきです。もしも管理業務に関するトラブルが起こったときには、契約書が解決の切り札となるからです。

 

いかがでしたでしょうか。

これらのポイントをチェックして、不動産会社を選ぶ際にはよく考えて、安心できる不動産会社を選びましょう。

まとめ
分譲マンションの管理って大変ですよね。オーナー様の悩みはまず不動産会社でご相談を!